GLIK卒業生インタビュー

2014年度夏期コース修了生/
株式会社 TKC 営業本部 海外展開支援室 室長
角 幸介さん

革新の現場で掴んだ思いとは

2014年度夏期コース
角 幸介さん

株式会社 TKC 営業本部 海外展開支援室 室長
現在は社内初の海外事業部を展開するリーダーを担う。

インタビューに答えた角 幸介氏は、2014年度夏期コース修了生の一人。GLIKを提供する富士通JAIMSの井口所長が聞き手となり、徹底した現場主義を体感した日々を改めて振り返る。

衝撃を受け、悩んだ3カ月半

―GLIKでは全期間を通して、自分が属するコミュニティの課題に対しイノベーションモデルを創造する「Capstone Project」があります。角さんはこれで随分悩んでいたと思いますが、いかがですか。

角:
はい。もう本当に苦しみました。私自身が初めて会社でチームリーダーとなり悩んでいたことから「自社のリーダー育成」というテーマにしたのですが、遠山先生(GLIKプログラムディレクター)やアドバイザーに徹底的に鍛えられましたね。「リーダーとは?」「リーダーシップとは?」「そもそもリーダーは必要?」と。そこまで本質を追求していなかったというのが正直なところでした。
角さんと井口(富士通JAIMS所長)

―海外からの参加者にも激しく問い詰められましたね。

角:
そうですね。あの時は英語でうまく答えられず、その後、クラスメイトに言われました。「あなたが意見を言ってくれないと我々のためにならない。新たな視点は、他の意見によって学べるのだから」と。英語力の問題ではなく、自分の考えを伝えることが貢献であり、重要なのだと気づきました。その後は、クラスメイトとリーダーシップについて議論し続けました。

イノベーションの現場体験で思いとテーマが繋がった

―悩んでいたテーマでいよいよ本質に迫った時がありましたね。

角:
大きなきっかけはタイとシンガポールで国家規模のプロジェクトを訪問したことです。プロジェクトのメンバーとのディスカッションを通じ、リーダーではなく実は彼らがキーパーソンなんじゃないかと。リーダーがいくら頑張っても、周りのメンバーが理解し実行しないと何も生まれないことを強く感じ、ふと当社に置き替えたらどうだろうと思ったのが、大きな変化の第一歩でした。そこから「ミドルマネージャー」に焦点を当てることにしたのです。現場体験がなければ思いつかなかったと今でも思います。

―そこからアクションプランまで頑張り、素晴らしいファイナルプレゼンテーションでした。その後、自分の中で何が変わったと感じますか。

角:
よく「価値観が変わった」と言いますが、私は「価値観の軸が増えた」という印象です。確固たる軸がありながら、グローバルな観点から見たらどうか、この物事における「社会的な善」とは何なのか。より多角的に物事を捉え、より高い視点で考えるようになった。それが仕事で活かされていると感じます。GLIKでは、とにかく想像以上に得るものがあったので、忘れるのが怖いんです。今でも講義で使ったレジュメなどを見直して、講師陣の言葉を何度も思い出しています。

“卒業”とは思わない。コミュニティとしての可能性

―角さん自身がミドルマネージャーということもあるので、ぜひGLIKで学んだ能力で会社を前進させていってほしいですね。卒業生とも刺激しあってほしいと思います。

角:
実は卒業生と言われてもピンとこないのです。JAIMSはスタッフと参加者という関係ではなくて、これからもずっと社会的影響力を持っていけるコミュニティという感じなので。ここからイノベーションが生まれたら面白いなと思います。そのために次期の参加者もサポートしていきたいですね。自分にとってすごくいい時間だったので、それを最大限に活かしてほしいという思いもあります。

―修了後も富士通JAIMSのサポートは続きますが、こうして参加者から積極的に関与して繋がることは本当に嬉しいですね。このコミュニティを一緒に広げて、イノベーションの実現へ結び付けていけたらと強く思います。今日はありがとうございました。

井口所長からのメッセージ

インタビューを終えた井口所長から、最後に次世代リーダーへの期待をこめたメッセージが語られた。

井口久美子(富士通JAIMS所長)

井口久美子(富士通JAIMS所長)

「日本人は、いま自分がいるコミュニティの課題の深掘りができていない人が多いと感じます。そのために海外からの参加者と最初はうまく本質的な議論ができない。問題は英語力ではなく、思いに根ざした意見がない、発信できないということなのです。富士通JAIMSはグローバルでオープンなハブなので、いろいろな人と繋がることができます。国を超えて考えるべき課題がたくさんある今、その本質を捉え、皆で解決していく。そんなコミュニティに発展させていきたいと考えています。ぜひ一緒に学んでいきましょう」

※本体験談は「月刊事業構想オンライン」に掲載されたものより作成しています。

GLIK 体験談一覧へ戻る

このページの先頭へ